情報漏えい対策をサポートする「アラジンライブモニタ」

情報漏えい対策をサポートする「アラジンライブモニタ」

マイナンバー制度が開始されます!


 マイナンバーとは

2015年10月から、国民一人ひとりに与えられる12桁の個人番号です。
社会保障や税金などの行政で、情報を効率的に管理し、手続を早く、簡単かつ正確に行えるようになります。
マイナンバーの使用が始まるのは2016年1月からとなり、企業はそれまでにマイナンバーの管理体制を整えなくてはなりません。

詳しくはこちら

すべての企業でマイナンバーを取り扱います

企業は、税金や社会保障にかかわる書類を提出する場合に、従業員のマイナンバーの記載が必要となります。
また個人情報を守るため、マイナンバーは法律で定められた範囲以外での利用が禁止されており、管理に当たっては安全管理措置が必要になってきます。

 マイナンバー制度の流れ

マイナンバーの流れ

 安全管理措置とは

組織的・人的安全管理

  • 担当者の明確化
    担当者の明確化
  • 適切な教育
    適切な教育

物理的・技術的安全管理措置

  • プライバシーを配慮して書類を廃棄できるように準備
    プライバシーを配慮して書類を廃棄できるように準備
  • 鍵付きの場所へ保管

    鍵付きの場所へ保管
  • 担当以外がアクセス出来ない仕組み作り
    担当以外がアクセス出来ない仕組み作り
  • 情報漏えい対策や、アクセス制限、ウイルス対策を導入
    情報漏えい対策や、アクセス制限、ウイルス対策を導入
  • パーティションの設置や座席の工夫
    パーティションの設置や座席の工夫

アラジンライブモニタがマイナンバーに最適な理由


 こんなお客様に最適!

  • マイナンバー制度が始まるが、何から手を付けたらいいかわからない。
  • コストが合わず、情報漏えい対策をあきらめた。
  • 本来の職務とITの管理/運用を、一人で任されている。
  • 導入はしたいが、多機能すぎて使いこなせない。
  • 外部デバイスの制御・禁止までは必要ない。抑止になればいい。

 アラジンライブモニタの特徴

クラウドサービスの利用により低コストを実現

クラウドサービス利用によりサーバの投資が必要ないため、低コストでサービス利用ができます。クラウドサービスのため短期間での導入が可能。PCのご利用台数に応じて必要なインフラを拡張できます。

常駐ソフト不要な
エージェントレス&オンプレサーバレスを実現

管理対象PCに常駐ソフトは一切不要!PCに負荷をかけず、アプリケーションの競合・干渉もネットワーク負荷もありません。クラウドサービス利用により、オンプレサーバレスも実現しました。

他社にはマネできない
お客様をしっかり支
万全のサポート体制

5000社以上の基幹システムのお客様に、販売から運用・保守を行う安心のサポート体制がございます。コールセンター応答率は業界最高水準の99.9%。中小企業に特化した様々なサービスを展開しております。

 アラジンライブモニタの機能

PC稼働管理

PC稼働管理


セキュリティレベルや障害、プログラムの利用状況、イベントログの管理
操作ログ管理

操作ログ管理


Webアクセスや印刷、外部記憶デバイス接続の履歴を自動収集・管理
資産管理

資産管理


ハードウェア/ソフトウェア情報の自動収集・管理
ネットワークスキャン

ネットワークスキャン


ネットワーク内のルータやNAS、プリンタなどのノード情報を自動収集

 アラジンライブモニタの価格

最小限の必要な機能に限定することで低価格を実現!

サーバー1台+クライアントPC20台
初期費用:250,000円~ 月額費用:7,000円~

PC台数や拠点数によって月額費用が異なります。詳しくはお問合せください。

※ご要望に応じて、他社製品もご提案が可能です。
  アラジンライブモニタ
(ALM)
SKYSEA Client View
Light Edition
LanScope CAT
パック1000
初期費用
(クライアントPC20台)
25万円~
※サーバは含まず
別途サービス利用料/
月額が必要
160万円~
※サーバ含む
180万円~
※サーバ含む
特徴 エージェントレス・
専用サーバ不要のクラウド型
※インターネット環境必須
パック製品で機能が豊富
(オールインワン)
機能(オプション)ごとの
導入が可能
シンプル機能で簡単操作 直観的な操作が可能 優れたレポート機能
アイルでサポートが可能 市場満足度NO1 市場シェアNO1