無停止型仮想化「Stratus Avanceソフトウェア」

無停止型仮想化「Stratus Avanceソフトウェア」

あらゆるアプリケーションの稼動環境をフォールト・トレラントに


 Stratus Avance ソフトウェアとは

一組2台の標準IAサーバを、処理の中断やデータ喪失といった脅威からアプリケーションを守る無停止型仮想化プラットフォームに変身させます。2台のサーバに対して必要なソフトウェアは1ライセンスのみ。インストールはわずかな操作で短時間で完了します。

Stratus Avanceソフトウェアで得られる高信頼性のレベルは、HAクラスタ・システムやスタンバイ・システムとは明確に一線を画しています。内蔵の予兆検知機能が障害の兆しを自動的に検知し、適切な処理を行ない、状況を報告。一組2台のIAサーバ間でシステム・リソースが完全に共有されていることにより、特定のコンポーネントに重大な障害が発生した場合にも、他のコンポーネントに影響を与えることなく故障部分が切り離され、アプリケーションは中断することなく稼動を続けることができます。

 Stratus Avanceソフトウェアの特長

Stratus Avanceソフトウェアは、HAクラスタ構成等を組む際に必要な外部共有ディスクやストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)を必要とせず専門技術をも要求しません。内蔵ディスクを備えたLAN接続された一組2台のIAサーバ - Stratus Avanceソフトウェアを稼動させるために必要なものはこれだけです。

2台の標準IAサーバにStratus Avanceソフトウェアをインストールすれば仮想化機能を標準装備した無停止プラットフォームが完成します 。

Stratus Avanceソフトウェア標準装備の仮想化機能は、Microsoft WindowsとLinux のゲストOS上で稼動する柔軟で幅広いアプリケーション環境を提供します。

Stratus Avanceソフトウェアの特長

 導入と運用のし易さ

IAサーバ使用経験のある方ならどなたでも、Stratus Avanceソフトウェアを簡単にインストールすることができます。一組2台のIAサーバにStratus Avanceソフトウェアを搭載した瞬間から、高信頼性とデータ保全の恩恵を享受することができます。HAクラスタ構成を組んでテストを繰り返す手間やフェイルオーバのスクリプト作成、アプリケーション手直しの作業、などとは一切無縁の世界です。

 予兆検知による障害対応

Stratus Avanceソフトウェア上では障害検知とエラー処理が自動的に実行されます。アプリケーションは、ディスク・サブシステムの故障やネットワーク障害といった現象に影響されることなく稼動を続けます。またストラタスのみが有する障害予兆検知機能が故障によるシステム・ダウンを未然に防止し、ゲストOSとアプリケーションは故障や異常現象に影響されることなく稼動を続けます。

Stratus Avance特有の、この自律連続稼動機能により、障害発生や予兆検知における対応は全て自動的に実行され人手が介入する余地はありません。発生した事象は電子メール(SMTP)や管理システムへの通知機能(SNMP)により、自動的に管理者に通知されます。故障が発生したサーバ・ノードの保守が完了するとStratus Avanceは自動的に二重化同期運転を再開します。

予兆検知による障害対応<