無停止・高可用システム「everRun Enterprise/Express」

無停止・高可用システム「everRun Enterprise/Express」

無停止・高可用なシステムを実現


everRun(高可用ソリューション)によりサーバ2台を同期動作させ冗長化することでシステムダウンタイムの大幅な短縮ができる高可用なシステムを実現します。2種類の構成が選択でき、FT(Fault Tolerant)構成の保護はシステムレベルでの同期、HA(High Availability)構成はコンポーネントレベルで同期することが可能です。

従来の製品より構築・保守などの操作が簡易化され扱いやすい製品となっています。

 特徴・機能

FT(無停止)モード

ソフトウェアによるFT(Fault Tolerant)仮想化技術により、2台の標準PCサーバを仮想的に1台のサーバとして動作させる完全二重化システムです。どちらか片方のサーバが故障して停止しても、他方のサーバが処理を継続する、サービスを停止させることがない停止時間を出来る限り短縮した無停止型システムです。

FT(無停止)モード
  • 2台のサーバが同期並行動作を行い1台のサーバを構成、アプリケーションからは1つのサーバとして認識
  • 障害発生時には該当サーバを切離し残る1台で動作を継続
  • 故障サーバを修理し、再接続後再同期処理が自動的に行われ、冗長構成となる

HA(高可用)モード

2台の標準PCサーバを運用と待機の役割に構成して冗長化させることにより、システムのダウンタイムを大幅に短縮した高信頼性システムです。運用側のサーバが故障して停止した場合に待機側のサーバで処理を再開する、高可用システムです。

HA(高可用)モード ※ゲストOSは自動起動しますが、アプリケーションによっては、自動起動させる場合に、スクリプトやバッチなどを使ったアプリケーションを起動させる仕組みが必要となる場合があります。