仮想化「Hyper-V」

仮想化「Hyper-V」

高いパフォーマンスと可用性、信頼性の実現


 Hyper-Vとは

Hyper-Vは、最新のサーバOSであるWindows Server 2012 R2の機能の一部として提供されている仮想化ソフトです。Microsoftの仮想化テクノロジを集約し、仮想化テクノロジによる高いパフォーマンスと可用性、信頼性を実現できる仕組みです。

Hyper-Vの構成は、ハイパーバイザ (Hypervisor) ・管理OS・ゲストOSから構成されます。

Hyper-Vとは

 弊社で提供可能な構成

Windows Server 2012 R2のHyper-Vレプリカを利用し、地理的に離れた場所にデータのコピーを置きます。それにより災害などによる被害から、システムの回復措置、あるいは被害を最小限に抑える予防措置を可能にします。

弊社で提供可能な構成
Hyper-Vレプリカでは、本番稼働のサイトを「プライマリサイト」、そのサイト上のサーバを「プリマリサーバ」と呼びます。そしてプリマリサイトの代替サイトを「レプリカサイト」、そのレプリカサイト上のサーバを「レプリカサーバ」と呼びます。Hyper-Vレプリカでは、プライマリサーバ上の仮想マシンを丸ごとレプリカサーバにコピーすることにより、冗長性を確保できます。

これにより、プライマリサイトで何らかの障害が発生しても、レプリカサイトにあるプライマリサーバから複製した仮想マシンを起動することで素早くシステムを復旧することが可能となります。さらにWindows Server 2012では”レプリカのレプリカ”を構成できるようになりました。

DR(Disaster Recovery)対策など、BCP対策などご要望に合わせたご提案が可能です。